救急救命士のたまごより、ジャパンハートのみなさんへ

こんにちは!

短期インターンでJapan Heartに2週間ほどお邪魔しています、救急救命士のたまごの大城です!

初めての東南アジア、初めての1人海外、初めての医療ボランティア、ということで、
初めて尽くしの私でしたが、今回ミッションにも参加させていただきました!

初めてだらけで緊張もありましたが 病院に行ってみると患者さん、そしてそのご家族の方々が凄くニコニコしていて、
こっちまで笑顔になってしまい、いつの間にか緊張はほぐれていました(笑)

d0343020_18291364.jpg


ミッションでは、手術、手術をする患者さんの術前後のケア、飛び込みで来た外来の患者さんの診察などをしています。

私はまだ学生のため医療行為は出来ないので、体温や血圧を測るお手伝いや、
スタッフの食事の準備をさせていただきました!

手術ではヘルニアや膿瘍が多い印象で、手術をする患者さんは緊張した様子でした。
カンボジアでは日本のように簡単に病院へ行き診察や治癒を受けられないため、手術となれば一家の一大事ですよね。

手術に呼ばれるまでは、家族がずっと側にいてくれます。
ちなみに、病院食も無いので、家族がお家からご飯を持ってきたり、近くの市場でお弁当を買ってきたりなど、 家族が凄く協力的で寄り添ってくれています。

d0343020_18291310.jpg

手術前の患者さんや外来の患者さんのバイタルサインチェックは廊下で行います。
廊下を通って目が合う度に笑ってくれる現地の人々。
ここの人は本当ににこやかで癒やされます。

クメール語での「ありがとう」 「痛い?」 「大丈夫?」の3つしか話せない私は ひたすらこの3つをローテーションで使い、どうにか患者さんとのコミュニケーションを図っていましたが、最終的にベストなコミュニケーション手段は笑顔だと思いました(笑)

ご飯はカンボジア料理を料理長のナトさん(本当はドライバーさんです)と一緒に作り、みんなで輪を作ってワイワイ食べていました。
そしてナトさんのご飯が美味しいのでスタッフも毎回ご飯の時間を楽しみにしていました。

d0343020_18343197.jpg

始めは医療行為の出来ない私が行ってちゃんと力になれるのか不安でしたが、
本当に色んなお仕事を任せてくださり、なんと手術見学もさせていただきました。

勉強になっただけでなく、沢山の患者さんと触れ合い、短期スタッフの方や現地の看護師さんと一緒にお仕事をさせていただき
自分がどんな医療者になりたいのか、少しですが見えたような気がしました。

そしてカンボジアの医療の現状を知り、まだまだ支援が必要だと知りました。

私はもうすぐ帰国してしまいますが、JapanHeartの新病院が開設し、病院へ行けない人が少しでも減ってほしいと願うばかりです。

次は技術と知識を持って、またこの地で活動をしたい!と思う大城でした。

d0343020_18291313.jpg


[PR]
by jhcam-hospital | 2016-03-14 18:44


これは、カンボジアの未来とあなたを彩る 未来創造プロジェクトです。


by みんなで彩るカンボジア病院

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
おしらせ
【紹介】カンボジア駐在スタッフ
【紹介】寄付アイテムについて
【報告】建設の進捗状況
【報告】アイテム購入しました!!
【報告】カンボジア活動報告
【コラム】カンボジアあるある
【コラム】プロジェクト裏話
その他

リンク

d0343020_18314712.jpg
d0343020_18320919.gif
d0343020_18321510.gif
d0343020_18322021.jpg
d0343020_18322533.jpg

最新の記事

初めて赤ちゃんのベッドがいっ..
at 2016-07-11 01:15
AAMCとカンボジアのお産事情①
at 2016-06-29 23:38
新病院AAMCでの一日とはい..
at 2016-06-21 21:09

記事ランキング

タグ

画像一覧

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

Translate

検索

その他のジャンル