タグ:ボランティア ( 6 ) タグの人気記事

新病院開院に向けて~Lsat mission~

新病院Asia Alliance Medical Center(AAMC)開院まで1か月切りました!!!(休日除く)
スタッフ一同、焦りと楽しみと焦りと、焦りと、焦りに焦っております。。
(私だけ?)
d0343020_21251999.png
ではまず、今の準備状況から…
現在、手術活動もある中、新スタッフも一丸となってスタッフ総動員で準備中でございます。
本日は新スタッフ採用後初の全体ミーティングも行いました。
d0343020_20591327.png
みんな、新しい病院・新しい夢に向かって目がキラキラしていました。
そして同じ志であること、自分たちは何を大切にして進んでいきたいのかを再確認しました。
もちろん、患者さんの安心・安全は大前提です。
それに加えて私たちは一緒に働く仲間とその夢を大切にしたいと考えています。
短期ボランティアで参加される方も、同様に私たちが大切にしたい仲間の一人です。
ぜひ私たちの仲間(Family)としてご参加ください。
d0343020_21031766.png
そして、そして、、
着々と準備が進む中、今年度最後の手術活動が明後日から始まります。
新スタッフそろっての最初で最後のmissionです。
病院が開院してからしばらくは、今のようにほかの病院で場所を借りて手術を行うことはお休みになるからです。
(もちろん新病院では手術活動を今以上に行っていきます)
d0343020_21152209.png
次からのカンボジアでの短期ボランティアの参加は新病院となります。
一から作り上げていくことになる新病院Asia Alliance Medical Center(AAMC)で一緒に歴史を気づき上げていきませんか?

カンボジアはウドン山の麓、Asia Alliance Medical Center(AAMC)でお待ちしています。

d0343020_21193190.png
           ~新病院活動イメージ~

薬剤師の短期参加を切に願う 薬剤師 いしい


by jhcam-hospital | 2016-03-28 21:29 | 【報告】カンボジア活動報告

完成間近!

新病院(Asia Alliance Medical Center)に注目してくださっている方々、

いつも報告ブログをご覧いただきありがとうございます。


今日は新病院の進捗情報とその周辺状況も含め、レポートしたいと思います。


つい先日、私は名も知らぬトラックのドライバーと共に医療物資の搬入を行ってきました。

車内にはカンボジア語しか話せない男一人、日本語しか話せない男一人、

唯一の共通言語は、ラジオから流れる訳の分からない(完全に主観!)カンボジアソングの歌まねという、なんともシビアな空気の中を2時間ほど過ごし、病院にたどり着きました。


d0343020_14333337.jpg

d0343020_14330760.jpg

実は首都プノンペンから新病院までの道中には、息つく暇もなくケツを突き上げられる

天然のアトラクションゾーンがあり、子供達に大人気です。

現在、現地人が手作業で舗装中のようですので、体験したい方はお早めに。。。




d0343020_14332267.jpg

そのような道中ですが、傍らにはカンボジアではお馴染みのこのような景色が続きます。

雨季にはここに出来た辺り一面の水たまりが、鮮やかな空と青々とした緑を写し、

とても幻想的な景色を浮かばせます。



新病院には遊歩道をはじめ、玄関のガラスや各部屋の扉、手洗い台なども設置され、

次第にそれらしくなってきました。

私自身、ここしばらくはカンボジア各地の味のある(?)病院しか見ていないためか、

感動さえ覚える出来栄えです。

d0343020_14334677.jpg
d0343020_14335874.jpg

d0343020_14340543.jpg
d0343020_14342205.jpg


d0343020_14343005.jpg

そしてこの時はジャパンハートの緊急災害事業に関わって下さっている、

神戸学院大学の中田先生がご見学されました。


いかがだったでしょうか。

今後も多くの方々から愛される病院を目指し、フル稼働で仕上げていきます。

「とりあえず建物の雰囲気や、自分の寄付した物がどのように使われているかだけでも見たい。」

という方がいらっしゃいましたら、いつでも見学にお越し下さい。



以上、開院まで待ちきれない現地病院ウォッチャーF代理、いっこーがお送りいたしました。



「カンボジアに病院を建てる」
この一大プロジェクトに、あなたも是非参加してみませんか?
d0343020_04081265.jpg


特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-03-24 16:07 | 【報告】建設の進捗状況

お教えします!短期ボランティア活動の実際♪

短期ボランティアってどんな雰囲気?一人で参加しても楽しめる?
カンボジアの病院って、、患者さんって、どんな感じ??
いきなり行ってどんなことをするんだろう?スタッフの人って使命感に燃えすぎて怖くない??

などなど…

短期ボランティアに参加される多くの皆様が、参加を決定するまでにたくさんの不安と疑問を抱えているのだと耳にしました。
全然大丈夫!!スタッフ怖い?(笑) ないない! っと声を大にして言いたいのですが、それだけだと伝わらないと思うので、今回はホームページの応募概要からはわからない、“カンボジアの短期ボランティアの概要(裏バージョン)”についてご紹介したいと思います☆
d0343020_19490012.png

まずは。。。
【病棟業務】
実際の業務は、入院・外来患者のバイタルサインチェック・ルートの確保・術前後の抗生剤投与・創処置など…
病棟には通訳がいるので言葉の心配はいりませんが、やっぱり現地語で自分で会話したくありませんか?(英語は通じません)
会話帳をみて、患者さんに発音を教えてもらいながらコミュニケーションをとる!
日本人にとってとても発音が難しいクメール語が伝わり、患者さんが答えてくれた時の喜びは是非体験していただきたいです!!
d0343020_20162140.png
非医療者の方でも、手術で使用するガウンの用意や、患者さんの子供と遊んでもらったり、食事の用意をしてもらったり…
手伝ってもらわないと活動が滞ってしまうような大切なお仕事をおねがいします!


【手術室】
実際の業務は、執刀・助手・直接介助や間接介助・手術器具の洗浄や滅菌など…
職種に応じてお願いしています。
手術室経験がない方でも、薬剤の用意や無影灯の位置の介助などやることはたくさんあります!
やったことないけどやってみたい!も大歓迎!

スタッフがお教えしますので、ぜひチャレンジしてみてください!

そして、手術室での大切な仕事の一つとして“患者さんの不安を払拭すること”があります。
治療を受けることに慣れていない患者さんにとって手術を受けるということはとても不安なこと!
是非、あなたのやさしい笑顔で患者さんの緊張をほぐしてあげてください。
d0343020_20144261.png



最後に…
【一人参加&スタッフについて】
一人での参加は、全くと言っていいほど心配いりません!
今回の参加者の学生さんは、他の医師や看護師に混ざっての一人での参加でしたが、2日目にはあだ名が「大ちゃん」に決定していました。
(彼の名前の中に一文字も大はありません笑)
彼は、患者さんを笑わそうと一生懸命渾身のギャグを繰り出し、患者さんの緊張をほぐしてくれていました。
d0343020_19523739.png
毎回すごいなーと感心するのですが、患者さんの力になりたいと集ったメンバーが親しくなるのに時間はかかりません。
1日目の夜には、参加者の緊張もほぐれ笑いが絶えない状態です。
d0343020_20224449.png

最後の最後に、、、スタッフって、使命に燃えて怖いんじゃない??
っという疑問について、、以下の写真で解決いたしましょう。
お題は『サル』でした。
d0343020_19535665.png
はいっ。大丈夫ですね(笑)
もちろんそれぞれ想いはありますが、自分たちが楽しくないと参加者も患者さんも楽しくないですからね♪
楽しむことに関しては、カンボジアスタッフの大得意とするところです!
こんな珍妙なスタッフのいるカンボジアへ、ぜひボランティアに来てみませんか??
今回紹介できた、カンボジアでのボランティア参加についての魅力はごく一部です。
まだまだ、お伝えしたいカンボジアの魅力はたくさんあります!
是非、伝えきれなかった部分をカンボジアに体験しに来てくださいね☆

カンボジア駐在薬剤師 いしい

by jhcam-hospital | 2016-03-13 20:37 | 【報告】カンボジア活動報告

今回の新メンバーは・・・?

こんにちは。
駐在看護師のザキオカです。

昨日より始まった手術活動。

今回は短期の先生や看護師さん、学生さんが大勢参加。

さらに新病院に向けて通訳や助産師さんの新しいカンボジア人スタッフのためのトレーニング生も参加です。

5日間で総勢約40名とここ最近の中で最も参加人数の多い手術活動となる予定です。


が、今日はまだ手術室は人数が少なくカンボジア人看護師のPheanが先生のアシストとして大活躍でした。

d0343020_02511805.jpg

一方病棟では、今まで医療活度に携わったことのない通訳さん、同じ医療現場で働いていもいつもと全く違う医療現場でのトレーニングとなる助産師さんたち。自分に何かできることはないかと率先してお仕事を手伝ってくれていました。

そして手術終了後はミィーティングにも参加。手術の報告なんてきっとほとんど分からないでしょうが、みんな真剣な表情でした。

d0343020_02521842.jpg

このトレーニング生の中からジャパンハートの病院を作りあげていくんだなぁと思うと本当に楽しみです♪

皆さんもジャパンハートのスタッフや新しいカンボジア人スタッフと一緒に病院作りに参加してみませんか??


スタッフ一同心よりカンボジアでにお待ちしています(*´ω`*)


ザキオカ



by jhcam-hospital | 2016-02-26 02:57 | 【報告】カンボジア活動報告

あなたにもできる!!体験してみてわかる“ボランティア”

“ボランティア”と聞くと、興味はあるけど自分とは別世界の言葉だと感じていませんか?
“ボランティア”というワードが一種のステータスのように使われだしたのはいつからでしょうか?
『ボランティアしている』というと、すごいねと言ってもらえると同時に、
私もやってみたいけど時間がないし、行っても何をしたらいいかわからないし、きっと何もできないから…
とういう声をよくききます。
d0343020_11440696.png













“ボランティア”という言葉は社会によって美化され、敷居の高い崇高なもののように感じさせているのかもしれません。
実際、私も『薬剤師の自分に何ができるのか…』そう感じていた一人でした。
しかし、飛び込んでみれば全然そんなことはないもの!!
誰でも、なんでもできるんです!
さらに言うと、できることをすればいいんです!
d0343020_11442143.jpg













皆さんは、“ボランティア”って言葉の本当の意味を知っていますか?
“volunteer”の原義は志願兵で、自主的に社会活動などに参加し、奉仕活動する人のこと。
要は、自主的に参加した時点でボランティアなんです!!
それは、国内だろうが国外だろうが関係ありません。
専門性がないからあきらめる必要なんて全くないんですよ!

自分のできることをする。。。
例えば、現地で子供たちを笑顔にする。日本から私たちの活動を応援してくれる。それだけでボランティア成立なんです。
d0343020_11435383.png
ジャパンハートでは、2日間~7日間の期間で参加できるボランティア活動や国内にいながら病院建設に参加できる参加型チャリティーなどをご用意しています。
詳しくはこちら↓
http://www.japanheart.org/join/
(参加型チャリティーについてはこのブログの下記【みんなで彩ろうカンボジア病院】をクリック♪)
d0343020_11395600.jpg
参加してみたいけど、どうすればいいかわからない。
医療者だけど、医師でも看護師でもない。。一般って具体的にどんなことするの???
など、ホームページを見ただけではわからない、疑問や質問にはいつでもお答えします!
SNS
やこのブログを通してご連絡ください。

d0343020_11495321.jpg
あなたのできるボランティア始めてみませんか?

カンボジアで薬剤師の参加を待ち望んでいる いしい

d0343020_04081265.jpg
特設サイトはコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-02-22 12:12 | 【報告】カンボジア活動報告

はじめまして! JapanHeart Cambodiaです。


カンボジアに病院を建てる」

この一大プロジェクトに、

あなたもぜひ参加しませんか?



「カンボジア病院建設プロジェクト」は

認定NPO法人Japan Heartが主催するプロジェクトです。



"医療が届かないところに医療を届ける"



というコンセプトのもと

カンボジアの現地医療者育成と、

安定的・継続的な医療の提供をめざし、スタートしました。


あなたは、募金や寄付をしていて感じたことはありませんか?


「自分が寄付したお金は、一体何に使われているのだろう?」

「ほんとうに、自分の寄付は役に立ったのだろうか?」


それらの疑念を払拭し

かつ、サイトを訪れた方に楽しんでもらえる、

そんな"参加型"の寄付活動はできないだろうかと考えた結果


"寄付のかわりに、アイテムを買うことでご参加いただく"


というスタイルをとることにしました。


WEBサイト"カンボジア病院"

に掲載している購入予定の各アイテムに金額を設定。

それが、そのまま寄付の金額となります。


d0343020_01225559.jpg

(手術室のイメージ)


ご寄付をいただいたアイテムから、順次現地で購入させていただき、

その都度、購入状況をこちらのブログで更新いたします。


ご寄付をいただいた方全員のお名前、もしくはニックネームを

現地新病院の寄付者プレートに掲載したいとの考えております。


また、各部屋のアイテムが完売すると・・・

WEB上のそのアイテムに色が塗られていくので

全体の進捗状況が一目瞭然!


ゼロから病院ができあがっていく姿を

日本にいながら一緒に味わい、楽しむことができる。


遠く離れたカンボジアのとある病院で

自分が寄付したアイテムが購入され、実際に使われ、役に立っていく・・


なんだか、おもしろそうで、ワクワクしませんか?


d0343020_01241914.jpg

今はまだ、まっさらな建設予定地。


2016年4月にはここに病院が完成し、5月には患者さんの受け入れが始まります。

それまでの期間限定ブログですが、どうぞ日本から温かく見守っていただければ幸いです。


よろしくおねがいします。


カンボジア駐在看護師 くぼた


d0343020_04081265.jpg
特設サイトはコチラから↑↑


by jhcam-hospital | 2015-09-01 00:00 | はじめに


これは、カンボジアの未来とあなたを彩る 未来創造プロジェクトです。


by みんなで彩るカンボジア病院

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
おしらせ
【紹介】カンボジア駐在スタッフ
【紹介】寄付アイテムについて
【報告】建設の進捗状況
【報告】アイテム購入しました!!
【報告】カンボジア活動報告
【コラム】カンボジアあるある
【コラム】プロジェクト裏話
その他

リンク

d0343020_18314712.jpg
d0343020_18320919.gif
d0343020_18321510.gif
d0343020_18322021.jpg
d0343020_18322533.jpg

最新の記事

初めて赤ちゃんのベッドがいっ..
at 2016-07-11 01:15
AAMCとカンボジアのお産事情①
at 2016-06-29 23:38
新病院AAMCでの一日とはい..
at 2016-06-21 21:09

記事ランキング

タグ

画像一覧

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

Translate

検索

その他のジャンル