カテゴリ:【コラム】プロジェクト裏話( 6 )

新病院のあるところ~ウドン山とその歴史~

スォスダイ チュナム トゥメイ!
みなさん 明けましておめでとうございます。
d0343020_15522195.png

カンボジア正月が本日で終了するカンボジア事務所から
今回は新病院『Asia Alliance Medical Center(以下AAMC)』の
立地場所についてのご案内です。
実は…ジャパンハートの新病院AAMCは首都プノンペンから
北へ約40㎞の“ウドン山”の麓にあります。

日本人にも聞きなじみのある“うどん” そう!!
ウドンの近郊には17世紀ごろ、日本人町があり、
出汁の聞いたあの“うどん”の名前の起源という説も!
d0343020_16202340.jpg
カンボジア語では「至高」の意味。。
それは、かつてここウドンはカンボジアの古都であり、アンコール・ワットで有名なクメール王朝の後、フランスの植民地となるまえの1618年から1866年までの約250年間、この地に王都が置かれていたからなのです。
各代の王が、王宮や橋、道路そして100を超す寺院をこの地に建設し、今もその一部が残っています。
丘の上に立つウドンの仏教遺跡群からはカンボジアを一望でき絶景!!

そして、現在この山の麓には、焼き鳥や焼き魚、揚げ物、果物、甘味などの店が並び、休日には観光客でにぎわう日も。

d0343020_15491572.png

日本に縁のある土地で、アンコール遺跡群とはまた別の
趣あるクメール芸術に
触れてみることまでできちゃう!!
そんな新病院AAMC 開院まで1ヶ月をきりました!!!
是非おこしやす!!!

薬剤師 いしい



「カンボジアに病院を建てる」
この一大プロジェクトに、あなたも是非参加してみませんか?
d0343020_04081265.jpg



特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-04-17 16:43 | 【コラム】プロジェクト裏話

新病院ユニフォーム作り~In Cambodia~

Happy Khmer New Year!!

皆さんこんにちは。

なぜこの時期に?と日本人の方は不思議に思われるかもしれませんが、カンボジアにはお正月が3回もあるんです。

1つは日本と同様に年越し。これはInter National New Year

2つ目は皆さんも聞いたことがある方も多いと思いますが、中国正月ですね。

3つ目がこのカンボジア正月です。このお正月が最も盛り上がります。カンボジアだけでなくミャンマーやタイなどにもあり水かけ祭りでとても賑わいます。

カンボジアでは田舎に帰ることが多く、プノンペンはとても静かになりますが(^^;


そしてこのお正月が終われば、病院開院までいよいよラストスパート。

スタッフ一同必死に準備中でなんですが、間に合うのかと焦ることもしばしば008.gif


その準備の一つの中に布類の準備があるんです。例えば抑制帯。

日本であれば医療資材を取り扱っている会社で購入できると思いますが、残念ながらカンボジアでは今のところ見つかっていません。

作るとなると縫ってくれるお店探しや生地探しが必要なんです。

d0343020_02110141.jpg


d0343020_02121762.jpg

作るにしても間に合うのかと愕然としていたんですが、そんな時ふと日本の病院であれば余っているところがあるのでは?と思いつき、先日facebookで呼びかけてみました。

すぐに以前カンボジアに短期ボランティアで来て頂いたお二人の方が声をあげて下さり、先日無事揃えることができました。

d0343020_02552234.jpg

お忙し中、本当にありがとうございました。正直うるっとなってしまいました007.gif


そしてもう一つ苦労したのが、ユニフォームの制作。

カンボジアでユニフォームを作成となるとデザインはもちろん、抑制帯と同様に生地から決める必要があります。

さらに200着作成予定なんですが、カンボジア正月もあり期限も短い!

この条件で引き受けてくれるお店がなかなか見つからず、先日ようやく新病院のユニフォームに取り掛かり始めました。

こんな感じのサンプルが出来ました。

d0343020_02133529.jpg

これから生地感とか色をどうするかとかスタッフ皆で考えていきます。

d0343020_02135738.jpg


新しいユニフォーム完成まであと少し。もうしばしお待ちくださいませ!



                             ザキオカ


d0343020_04081265.jpg

特設サイトはコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-04-14 02:56 | 【コラム】プロジェクト裏話

病棟看護はやっぱり楽しいー♪

いっこーくんが日本で営業マン(?)をしている最中、こちらカンボジアよりくぼたです。

カンボジアでは、ちょうど今年最後のmissionが終ったところです。


d0343020_17013560.jpg

missionが終った後の病棟は、楽しくて仕方ありません。

点滴や手術の痛みで泣いてばかりだった子が、心を開いて笑ってくれたとき。


患者さんがセルフケアを獲得するために、頑張って練習する姿を見たとき。


満面の笑みで、手を振って退院していくとき。


人の笑顔は、自分をも幸せな気持ちにしてくれますね。


d0343020_17033435.jpg

d0343020_17021000.jpg

mission中では緊張していた心が、少しずつ、お互いにほどけていく感じです。

今日も一人、また一人と退院していくのはちょっと寂しいですが、ホッとする瞬間でもあります。


d0343020_17030214.jpg

多くの笑顔を見届けて、あぁまた明日から頑張ろうと思います。

今は自前の病院がないので、一通り患者さんが退院されるとプノンペンの事務所に引き上げます。

だから、こうした患者さんと接する機会がいつもある、わけではないのです。

あぁ、はやく病院できないかなー() 


♪もぉーいーーくつねーーるとーー♪ おしょーーーがつーーー♪ 

ならぬ びょーーーーいーーん♪  な くぼた



ありがたいことに、たくさんのご寄付を頂いております↓

d0343020_04081265.jpg
特設サイトはコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2015-12-27 17:00 | 【コラム】プロジェクト裏話

一時帰国中は営業マン!?


皆さま、MerryXmas !


日本の厳しい寒さの折、風邪などひかれていませんか?


ジャパンハートカンボジアで看護師をしております
いっこーこと城戸一行です。



街はクリスマスで賑わっていますね。

今日は街で数多くのサンタ、ミニスカサンタ、トナカイ達と遭遇しました。


え?カンボジアのクリスマスも日本のような雰囲気で過ごすのか、ですって?


答えは若干、イエスです。

首都プノンペンでは近年の経済発展に伴い、外国人観光客や移住者が
多くなってきており、クリスマスなどの異文化も一部では浸透してきているようです。

でもほんの一部なので’’若干’’なんです。

この辺りの宗教観の柔軟性は日本と似ていますね。

d0343020_12195945.jpg

そして私が遭遇したクリスマスの主役達、日本は渋谷でのお話でした。



私は現在ジャパンハートでの活動資金を調達する傍ら、
日本でしか出来ないこの病院建設プロジェクトの広報活動をしております。


その活動内容はというと、色々な公共機関やお店を回りながら
ポスター掲載の依頼をしていく、いわば外回りの営業マン的な内容です。



当初は、訪問先の責任者が私の話をしっかりと聞いてくれたうえで、

「良い活動ですね。是非協力しましょう。」となり、

お互いが微笑み合い、堅い握手さえ交わすというイメージでした。


ですが現実はそんなに甘くはなく、9割以上は話さえ取り合ってもらえません。


このような時、自分がどれだけ狭い世界で生きていたのかを思い知らされます。


でもそれはそうですよね。

相手の方も仕事中にいきなり現れた若造に割いている時間はないし、

店にとっての大きな利益に繋がるわけでもない、

自分達の生活の’’足し’’にもならない。


そう、私たちがしようとしている活動は、
日本に住む多くの人達には関係のない話なんです…



ですが私はこのプロジェクトで多くの人達が手を差し伸べて下さればいいな、

と思っています。


私たちの力だけではカンボジアの誰かのために貢献できるとか、
到底そんなことは出来ません。


ですが助けを求める人に手を差し伸べたいという気持ちと、
それを実現させようとする少しの行動力だけはあります。
(ジャパンハートは短期ボランティアさんも含め、このような人達の
集合体だと思っています。)


そのような人たちが一人でも多く集まり、
それぞれに出来ることを持ち寄ったとき、
一人の時には出来なかった無限の可能性が生まれます。


そして最終的にこの活動に共感してくださる方々が
今のご自身に出来る最大限のことをして下されば、
表面上だけではない心からの充足感を得られると信じています。


————関わり方に大きいも小さいもなく、SNSでの「いいね!」でも、

こんな活動をしている人達がいてさ~という家庭内での噂話でも、
それが最大限のことであれば十分だと思うのです――


d0343020_12223062.jpg


私が日本に住んでいた頃は自分が良いと思ったことも真実だと思ったことも、

あれこれと理由を付け、とりわけ周囲の目や評価を気にして

実行に移さなかったことが幾度となくありました。



満員の電車内で席を譲る・譲らない、この天使と悪魔の攻防がよき例です。

「皆見ているし断られたら恥ずかしい」

「誰かが立ってくれないかな」

「ここで立たないと非常識だと思われるな」…


そのような窮屈で、何をしても満たされない毎日の繰り返しの中で、
私はこの世に存在する価値さえないのではないかと思っていました。



しかしこのプロジェクトをはじめ、ジャパンハートを通して関わる色々な活動をすることで私の考え方、生き方は変わりました。



『私は私が良いと信じたことだけを実行する。』



この一見シンプルで何の変哲もない考えこそが、

私が私の存在価値を認めるためには必要だったのです。


実際、こんなに無駄足を運んでまで世知辛さを体感している今の広報活動ですら、

「次はどんな感じでいこう?」
「他の手立てはないかな?」
「東南アジアに興味がある人が集うところはどこだろう?」等々、

考えているときには何物にも代えられないワクワク感があります。
そしてそれが成果として身を結べば、ことさら喜びが爆発します。



目先の結果を恐れず、今の自分に出来る精一杯のことをする。


日本にいる間はしばらく今のスタンスで活動していこうと思います。 

d0343020_12243974.jpg


ということで、


「私の店・病院になら貼ってもいいよー。」


「上司に相談してみます!」


という方がいらっしゃいましたら、当ブログのコメントや
SNSでのメッセージをいただけると嬉しいです。
ポスターの原本をお送り致します。

もちろん、上記以外のことでも結構です。
たくさんのご連絡をお待ちしております!



それでは皆さま、良いお正月をお迎えください。

d0343020_12220997.jpg

           ジャパンハートカンボジア 駐在看護師 いっこー






「カンボジアに病院を建てる」
この一大プロジェクトに、あなたも是非参加してみませんか?
d0343020_04081265.jpg


特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2015-12-25 13:39 | 【コラム】プロジェクト裏話

病院名決定!!Asia Alliance Medical Center

みんなであーでもないこーでもないとしこたま悩み、生まれた名前。

Asia Alliance Medical Center

Allianceは直訳すると同盟、協調といった単語になりますが、この単語には国、社会、人とあらゆる単位での関係がこの病院での活動を通してより強く、密度も濃く、そして互恵的に発展していくようにとの想いが込められています056.gif

私たち医療者と患者さんの個人的な枠組みを越えて、ここでの出会いがいつか自分たちの国同士の関係を良い方向に導いていってくれるはずだと本気で信じています。

今から完成が楽しみでなりません006.gif049.gif

ナース028.gif彩未

d0343020_17530840.jpg

「カンボジアに病院を建てる」
この一大プロジェクトに、あなたも是非参加してみませんか?
d0343020_04081265.jpg


特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2015-11-19 14:58 | 【コラム】プロジェクト裏話

Webサイト、ついに誕生‼

昨日1010日午後245分、WEBサイト“みんなで彩るカンボジア病院”が無事世に現れました。

最後の最後で難産になってしまいましたが、名助産師(=WEBデザイナーよんよん)の遠隔サポートを受けて、無事出産することができました。


自分が寄付したお金のその先が見える仕組みを作りたいよね

寄付するのが楽しくなる‼ワクワクする‼ そんなサイトを作りたい



その構想から数か月。

我が友人をも巻き込み、怒涛の手術mission&巡回診療の中、時に般若のような形相になりながら、天塩にかけて温めてきた我が子です。


d0343020_22225222.jpg

(描き直しを繰り返した、原案段階。図面を見ながら実際を想像して描いていました。

イラストをこんなにも描きまくったのは、人生で初めてかもしれない。。)



このサイトは、世に出たことがゴールではありません。

寄付をすると、どんどん色が塗られ、彩られていきます(数日単位の時間差がありますが)


まだよちよちのサイト、ブログですが、たくさんの方に見てもらって、可愛がってもらえたら幸いです。


みんなで彩るカンボジア病院(彩るカンボジア.オルグ)

http://irodorucambodia.org


そして、この進捗状況報告ブログ

http://jhcamhosp.exblog.jp/


どうぞよろしくお願いいたします。



************************

このサイト製作にご協力いただきました、


・短期インターンの大学生(アイテムの価格調査、データ入力等)

・国際看護長期研修36期生(アイテムのキャッチコピー案出し)

・いつものカンボジア事務所スタッフ(構想からこれまでのもろもろの作業、後方支援)

・あぶくさん(本文、メッセージのご寄稿)

・東京事務局の皆様(広い視点からのアドバイス、サポート、とりまとめ作業)

8月~10月にかけてカンボジアに来られた短期ボランティアの皆様(わたしの心のケア、励まし、応援など)


そしてそして、この人がいなかったら世に出なかったでしょう‼‼

WEBデザイナー 風森ひのこ(よんよん)氏

(イラスト起こし、サイト作成だけでなく、素人レベルのわたしにWEBの知識を教えてくださいました。)



本当に、ありがとうございました‼‼‼‼‼‼


疾風怒濤のごとく製作期間を終え、無事にこうして形となって世に出すことができました。


嬉しいやら、恥ずかしいやら、不安やら、期待やら、、、でいっぱいです。


今のこの感謝の気持ちを忘れずに、サイト運営、病院建設に携わっていこうと思います。


まだまだ始まったばかりプロジェクトですが、今後も何卒よろしくお願いいたします。



Japan Heart advanced nurse

カンボジア駐在 看護師 くぼた


d0343020_04081265.jpg
特設サイトはコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2015-10-11 21:47 | 【コラム】プロジェクト裏話


これは、カンボジアの未来とあなたを彩る 未来創造プロジェクトです。


by みんなで彩るカンボジア病院

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
おしらせ
【紹介】カンボジア駐在スタッフ
【紹介】寄付アイテムについて
【報告】建設の進捗状況
【報告】アイテム購入しました!!
【報告】カンボジア活動報告
【コラム】カンボジアあるある
【コラム】プロジェクト裏話
その他

リンク

d0343020_18314712.jpg
d0343020_18320919.gif
d0343020_18321510.gif
d0343020_18322021.jpg
d0343020_18322533.jpg

最新の記事

初めて赤ちゃんのベッドがいっ..
at 2016-07-11 01:15
AAMCとカンボジアのお産事情①
at 2016-06-29 23:38
新病院AAMCでの一日とはい..
at 2016-06-21 21:09

記事ランキング

タグ

画像一覧

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

Translate

検索

その他のジャンル