カテゴリ:【コラム】カンボジアあるある( 5 )

カンボジアの結婚式

皆さんこんにちは。カンボジア在中看護師のザキオカです。

日本はまだまだ寒い日が続いているようですね。カンボジアは11月に乾季に入り一時涼しくなったものの最近は日に日に暑くなってきています。


カンボジアの乾季といえば結婚式シーズン。皆さんはご存じでした?

カンボジアはポルポト政権の虐殺の影響で人口の約60%が30歳以下というとても若い国。そのためこの時期はあちこちで結婚式の様子が見られます。

そのような国なので小さな子供たちもたくさん。今の日本の出生率は1.43。カンボジアはなんと2.86。  

もちろん5月に開院予定のAsia Alliance Medical Centerでも産科がオープン!

この病院では帝王切開も行えるように準備中です。実は私たちがオープンする予定のPonhea Leu付近では帝王切開ができる施設がないんです!今まで救えなかったような赤ちゃんが一人でも多く無事出産できるように!そんな気持ちで今奔走中です。


話しは結婚式戻りますが、カンボジアの結婚式のスタイルの大部分は道路にテントを設置して、その中で結婚式が行われます。

d0343020_12420817.jpg
写真は花婿さんの自宅前の道路ですね。

こんな感じの結婚式なんですがカンボジアの一般の人の結婚式でも参列者が300人。有名人などになってくると1000人を超えることもしばしば。参列者の正式な人数もわからない状態での準備。本当に大変そう・・・。


その結婚式に昨日私たちも参加してきました。ジャパンハートの通訳の旦那さんの妹さんの結婚式です。もちろん面識はありません()  

テント内に入ると結婚式には誰が花嫁さん?というようなゴージャスなドレスを着た女性たちが大勢。かと思えば私服できたの?という人たちや近所の子供たちがウロウロ。カオス状態です。

d0343020_12424516.jpg



座って食事が運ばれてくるのを待つですが、実はそのテーブルが全員埋まらないと料理が出てこない。カンボジア人の方が座りなんとか満席にになりお食事がスタート。食べきれないくらいのたくさんのお食事が出てきました。
そして花嫁さんと花婿さんが会場内に登場。

d0343020_12434590.jpg

野菜たちが積まれているところをグルグルと回るのでシャッターチャンス。その後ステージに上がり、何をするのかと見ていたらブーケトスでした。そして後はお食事やダンスを楽しんだり。

d0343020_12443627.jpg

カンボジアでの初のとても素敵な結婚式でした。


ザキオカ

d0343020_04081265.jpg

特設サイトはコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-03-15 13:30 | 【コラム】カンボジアあるある

カンボジアの知恵! 代用がきく医療物品ベスト3

ここ最近、
「だれか日本から"アレ"もってきてくれないかなぁ、、」
とモノを欲しがっている自分がいます。

"アレ"の中身は、愛飲していたコーヒー豆だったり、最近調子が悪いマウス(PC)の替えだったり、
「ま、なくてもやっていけるでしょ!!」というような中身ばかりで。
なのに、今ココ(カンボジア)にないものに対して、もんもんと無駄に夢みているわけです。

ちょっと待てよ、、?

わたし、
「充分な医療物資・人材の揃わない環境で、目の前の問題にどう対応すべきか」
を自分で考え行動できる力をつけたくて、この世界に入ったんじゃなかったっけ??

そんなわけで。

今回は、"このモノがあふれる時代に立ち向かう!
実はこの医療物品、なくてもやっていけるかも!?"
という、カンボジアならではの使い方 くぼた的ベスト3を発表いたします!!


●第3位 あれ、そっちに使うの?! 駆血帯(採血の時に、腕にキュッときつく巻くもの)

日本では、my駆血帯を持ち歩いている看護師さんが多いと思いますが、
そんなこのコ、カンボジアでは不要!!

なぜなら、、、

ディスポの手袋で代用がきくから‼‼

d0343020_02535805.jpg

↑手袋の親指と小指とで結んで、キュっと駆血。
このやり方、意外にも手術活動をしている3か所の病院全てでやっていました。

気になるのは、駆血に手袋を使っているのに、手袋をはめずにルート確保しているところ、、
手袋の本来の使用用途は、、あれれっ??
なんて思ったりもしますが、カンボジアの看護師さんのルート確保的中率はすごいです‼‼‼
大抵、18G・20Gの太い針を一発で入れてしまいます。

ベテラン看護師になると、
自分の左手で駆血しながら、右手で穿刺する、、なんというツワモノもいらっしゃいます。
もはや、手袋すらいらないのです。



●第2位 この使い方はもはや定番? 点滴棒

"点滴棒"を寄付アイテムに打ち出しておきながら、
(しかもありがたいことに全部屋完売いたしました!)
代用できるよ~」なんて言っちゃっていいのか、、(汗)

もはや見慣れすぎてしまって、このスタイルが定番ともいえる点滴棒がコチラ↓

d0343020_03045561.jpg
どこかから拾ってきた竹の棒です(笑)

先端がうまいこと割れているので、ちゃんと点滴がひっかけられるんですよね~。

がしかし、この代用品、
当然自立しないのでベッドに括り付けなければならないという手間が、、・

そして、トイレに行く時のめんどくささがハンパない、、。

なので、新病院では各部屋にキャスター付きの点滴棒を導入させていただきましたよ。



●第1位 やはり最後は愛で締めくくります ナースコール

カンボジアでナースコール、、まだ見たことがないです。

学生の頃、なんだかカッコよく見えて、ちょっと憧れていた院内PHSの存在。

就職すれば、いかにナースコールに早く出るかが新人の成績に関わっているんじゃないか?!
ってくらい、先輩には「ナースコールに早く出て!」とドヤされ、
ナースコールが鳴るがままに病棟中を走りまわり続けた新人時代、、。

何年か看護師を続けると、
ナースコールのメロディが夢にまで出てきて飛び起きて(職業病)、、

気づくとあのメロディに条件反射して、イントロドン!レベルの速さで対応できる、
ナースコールの亡者のようになっていました(苦笑)。

そんな切っても切れないナースコール、カンボジアでは見ないんですよねぇ。

おそらく、、必要ないのだと思います。
d0343020_03254194.jpg
家族が入院するのは一大事。
大人も子供も病棟で一緒に寝泊まりをします。

で、
「誰が患者で誰が家族だっけ??」
「このベッドに寝ているのは、、えっ、患者さんじゃない‼‼」
「ちょ、ちょっと、ベッドに家族が川の字で寝てるよー!!」

というのはよくあるあるなんですが、

同じ時間を同じ空間で過ごしていると、他の家族ともすぐに打ち解けられるのは、
カンボジアの人々の気質なのかもしれません。

病棟は、たいていいつもほわっと温かい雰囲気に包まれています。
d0343020_03253404.jpg

(↑入院しているお母さんの看病をしている男の子(右)と、首にある嚢胞の手術をした男の子(左))
同じぐらいの年齢なら、仲良くなるのもあっという間で。

d0343020_03254821.jpg
手術から無事に帰ってきた患者さんのまわりには、
患者さんの家族だけでなく、他の患者さんやその家族からの温かい視線が。
(↑ちなみに、写真は左から家族・患者・家族・患者・家族。)

d0343020_03252616.jpg
だから、看護師、家族だけでなく、隣のベッドの家族、その他みんなが看ていてくれるんです。
この安心感は、患者さんにとって嬉しいものですよね。

ちょっと困ったときにすぐ相談できる人が近くにいて、
さらに困ったときには、看護師を呼んでくれる誰かが近くにいる。

家族だけでなく、みんなで助け合って過ごしている、という感じが伝わってきて、
わたしは、そんなこの温かい病棟にいるのが大好きです。

人の温かさ、純粋さに触れるカンボジアの病棟看護。おススメです!

物欲にまみれた看護師 くぼた

「短期ボランティア、随時募集しています!」
医療者だけでなく、一般・インターンも募集しています。
詳しくは、ジャパンハート HPまで。

コチラも引き続きよろしくお願いします↓↓
d0343020_04081265.jpg
特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-02-12 10:00 | 【コラム】カンボジアあるある

未来を担うカンボジアの“豊かな”子供たち

スォスダイ!!
今回はカンボジアの子供たちについて紹介したいと思います。
タイトルをみて、えっ!?カンボジアの子どもたちって裕福なの??って思った人はいますか?
おそらく、みなさんのカンボジアのイメージは“豊か”からほど遠いのではないでしょうか?
では、みなさんは実際のカンボジアの子供たちってどんな子たちだと思います??
私からみた子供たちを一言でいうと『心が豊か』
本当に無邪気で、子供らしい子供たちに癒されています。
d0343020_21353166.png
流行のゲームやテレビ、ハイテクなおもちゃで頭を使う(?)一人遊びが得意な子供たちが増えている現代の日本。
反応や返ってくる言葉も、それどこで覚えたの…と感心してしまうこともしばしば。。
カンボジアでも、もちろん一人遊びが得意な子もいます。
d0343020_21423054.png
でも、もし同世代の子がいればどんどん遊びの輪は広がっていって、どんなものでもおもちゃにしてしまいます。
外国人の私たち…言葉は通じないけれど、、、話しかければ屈託のない笑顔で返してくれるし、どんどん集まってきてくれます。
そして、ひとたび心を許せば、イタズラしたい対象!!!
d0343020_21405125.png
ゴキブリのおもちゃでいろんな人をびっくりさせて回る子や、トントン叩いて逃げて回る子、きれいなお花を取ってきてくれる子もいます。
“ありがとう” “こんにちは” わからないはずなのに、真似して使うタイミングはバッチリ!
手術ミッションで張りつめた気持ちもひと時この子達がほぐしてくれます。
d0343020_21443834.png
人口ピラミッドがほぼきれいなピラミッド型で、25歳未満が50%近くを占めるカンボジアでは、どこに行っても子供たちに会えます。
もちろん、新病院『Asia Alliance Medical Center』の近くの地域にもたくさんの子供たちがいます!
沢山の笑顔と喜びを与えてくれる、キラキラした目をもつ(イタズラしたくて?笑)この子達と遊びにきませんか?
d0343020_21542777.png
みんなで、新しいイタズラを考えながらお待ちしています!!

                           カンボジア 駐在チルドレン いしい


「カンボジアの子どもの未来を救う 病院建設プロジェクト
継続した医療が受けられるように。
医療を受けたいときに、いつでも医療を受けられるように。
わたし達の挑戦は、まだ始まったばかりです。
d0343020_04081265.jpg
特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-02-01 22:08 | 【コラム】カンボジアあるある

写真で感じるカンボジア ~第一弾~

こんにちは、いっこーです。


前回のブログでは多くの方々に反響をいただき、とても光栄でした。

またご協力くださった方々、誠にありがとうございました。

お陰様で新病院の建設も順調を上回るペースで進んでおります。

今後も叱咤激励、お力添えのほど、どうぞよろしくお願いいたします。



さて今回は打って変わり、

“決して観光ガイドには載らない”カンボジアの素朴な風景をご紹介します。

私はカンボジアに滞在してからというもの、
日々遭遇するヒト・モノ・コトが刺激的で、中でも現地の牧歌的な風景は特に気に入っています。

ふと、祖母の家にでも帰ったような感覚を想い出させる場面もあり大好きです。



では皆さんも現地に行った気分でご覧ください。

Here we go


まずは市場での一コマ。

d0343020_00524970.jpg

どういう経緯でこうなったのかは知る由もありませんが、
店の片隅で公開犬シャンをしています。

きっとおばちゃんが、
「客も来ないし商売あがったりだわ。もう犬でも洗っといてやるか!」
という心境になったのでしょう。



次は路上での一コマ。

カンボジアでは屋台がとにかく多いです。

屋台を乗せたバイクや自転車がそこら狭しと並んでいます。
中でも都会、田舎に関係なく最も多く遭遇する屋台といえばこちら。

d0343020_00520903.jpg

サトウキビジュース屋さん。

サトウキビと柑橘系の果物を“親の仇!”と言わんばかりにぎゅーっと絞り、
たっぷりの氷が入った袋の中に入れてストローを挿して飲みます。

灼け付くような陽射しの下では、このすっきりとした甘さと爽やかな柑橘系の風味がノドを駆け抜け、最高に爽快です。



続いて氷売り。

d0343020_00524199.jpg

暑い暑いカンボジアに欠かせない氷は、
冷蔵トラックなどのない環境ではリヤカーで運びます。
これをその場で適当な大きさに切って売るのです。

幼いころ、夏休みになると必ず観ていた『火垂る〇墓』でこんな場面ありましたね。

兄が弱った妹に氷の切り屑を食べさせる場面です…

これ以上思い出してしまうとパソコンが滲んでくるので早々と次に移ります。



こちらは病院でママの帰りを待つパパと女の子の一コマ。

d0343020_00450421.jpg

このハンモックはカンボジア人の愛用品で、必ず一家に一台はあります。

昼下がりの木陰で温かい空気に包まれながら、ゆ~らゆ~ら揺れながら寝ます。

新病院でもヤシの木に吊るしてゆ~らゆ~ら…と言いたいところですが、
今のところ残念ながら購入予定はありません。


…え?今までの内容じゃシュール過ぎやしないか、ですって?

大切なことなのでもう一度言います。

“決して観光ガイドには載らない”カンボジアの風景です。
この程度が丁度いいのです。

ですので安心してください、まだまだシュールですよ。




こちらは田舎の村人です。

d0343020_00532407.jpg

家の裏の畑で農業をする傍ら、織物も作っています。

この大きさの織物を作るには3日程度かかり、

同じ姿勢を長時間続けるので背中や腰が痛むそうです。

こんなとき、電動式のありがたみが身に染みますね。



こちらは裕福な家庭のご子息でしょうか。

d0343020_00525507.jpg

歩行器を悠々と乗りこなしていますね。
その表情からは“乗ってやってる感”さえ漂っています。

とは言ってもやはり背後には、彼には見えない何物かによって
丁重に操られています。



これはベテランドライバー、ナトさんの一コマ。

d0343020_00530453.jpg

彼はいつでも冷静沈着で、心優しい現役の軍人。
決して他人様の敷地内に咲く可憐な花を盗ったりするわけがありません。

自分の家の庭に移殖するだけなのです。

彼は堂々と、「彼女が私を見て語りかけてきたんだ。『外の世界を見たいの』ってね。なあに当然のことをしたまでさ。」とロマンチックに語ることでしょう。



では第一弾はここまでです。

いかがだったでしょうか。

ご覧になった方が少しでもカンボジアを身近に感じて下されば幸いです。
また第一弾が好評であれば、第二弾もお送りいたしますので乞うご期待。

d0343020_00515791.jpg

             ジャパンハートカンボジア 駐在看護師 いっこー



「カンボジアに病院を建てる」
この一大プロジェクトに、あなたも是非参加してみませんか?
d0343020_04081265.jpg


特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2016-01-20 02:16 | 【コラム】カンボジアあるある

カンボジアのお薬って??

はじめまして!10月末からカンボジアメンバーに加わりました、薬剤師の石井です。

今日はカンボジアのお薬事情を簡単にご紹介します!

みなさん!薬を買うときってどこへ行きますか?

病院へ行ってお医者さんに処方箋を出してもらって薬局へ??

簡単な風邪薬や塗り薬ならドラッグストアーへ??

カンボジアはちょっと事情が違います!

病院の薬も、個人の薬も、飲み薬も注射も塗り薬も…

な、、なんと誰でも全部薬局で購入できてしまいます!

d0343020_13553203.jpg

↑壁一面の薬のほとんどは商品名も値段もこの奥様に把握されています。

日本ではお医者さんの許可がないと買えないような薬も薬局で買えてしまえるわけです。

当然これにはいいことも悪いこともあります。。。

薬局ではお医者さんや薬剤師がいてみんな相談してから買っていきます。病院からそれらの薬を買うように言われてきた人たちもいます。相談せずにいつも飲んでるから買いに来たという人もいます。

d0343020_13554936.jpg

みんなそれぞれですが、この国は薬に対する信頼が高く、さらに日本の薬に対する信頼はもっと高いです。

日本語が書いてあるだけで喜んでくれます。

医者に診てもらうぐらいなら薬を飲め!!といった感じでしょうか…これにはここカンボジアの歴史・経済状況が深く関わっています。

だからってなんでもかんでも飲めばいいわけじゃないのですが…

もちろん、ジャパンハートの活動では、こういった薬に対しての正しい知識の教育も少しずつ行っています。


d0343020_13555468.jpg
d0343020_13554019.jpg


現在、薬の市場調査中ですが、知れば知るほど思いもしなかったカンボジアあるあるにぶつかります。笑

薬は消耗品です。少しでも質のいい薬をできるだけ多くの患者さんに提供できるように頑張ります!


d0343020_13570754.jpg


*いつも値段の交渉に快く応じてくれ、たくさんの質問にいやな顔一つせず答えてくれる優しい薬局のご家族です。 

                              薬剤師 いしい



「カンボジアに病院を建てる」
この一大プロジェクトに、あなたも是非参加してみませんか?
d0343020_04081265.jpg

特設サイトコチラから↑↑

by jhcam-hospital | 2015-12-15 13:59 | 【コラム】カンボジアあるある


これは、カンボジアの未来とあなたを彩る 未来創造プロジェクトです。


by みんなで彩るカンボジア病院

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめに
おしらせ
【紹介】カンボジア駐在スタッフ
【紹介】寄付アイテムについて
【報告】建設の進捗状況
【報告】アイテム購入しました!!
【報告】カンボジア活動報告
【コラム】カンボジアあるある
【コラム】プロジェクト裏話
その他

リンク

d0343020_18314712.jpg
d0343020_18320919.gif
d0343020_18321510.gif
d0343020_18322021.jpg
d0343020_18322533.jpg

最新の記事

初めて赤ちゃんのベッドがいっ..
at 2016-07-11 01:15
AAMCとカンボジアのお産事情①
at 2016-06-29 23:38
新病院AAMCでの一日とはい..
at 2016-06-21 21:09

記事ランキング

タグ

画像一覧

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

Translate

検索

その他のジャンル